« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

更新しました(第1003版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道 水橋・魚津の各駅の追加。

 ということで、今回は順当にあいの風とやま鉄道の回で、取材順、ということにしてあるため、7月10日取材分の2駅、水橋と魚津の各駅です。

 だんだんとこのあたりから「駅取材」なのか「まちあるき」なのか分からなくなってきているのですが、なるべく「まちあるき」要素は入れていこうと思います。(駅取材だけにしてしまうと、JRの各駅との差別化ができないので・・・)

 水橋駅は、水橋の町まで行ったのが初めてだったというわけです。何となく生地に似ています。また、水橋駅自体がJR時代の再取材を2008年という早期にやってしまっていて(本当はそのあたりで再取材を順にやっていく予定が、三セク化直前までほとんど進まなかった)、JRの掲載分とは変化は見られると思います。(特にホームなど)

 魚津駅ですが、この駅としては海側でなくてもうちょっと町の中(飲食店街など)を撮っておくべきだったのかな(というか、昼食を食べるところを探して町の中をさまよっているのだが、全く撮っていなかった)、と思うのですが、海沿いを歩くにはちょうどいい季節だったと思います。

 本来は「まちあるき」要素は最寄りの駅に担当させるわけで、例えば魚津の古い町並みは魚津駅ではなく富山地鉄の電鉄魚津駅でと思っています(ということで高岡駅はまちあるき的要素が少なくなる・黒部駅は電鉄石田・電鉄黒部駅の位置関係を考えると歩き回る範囲が狭くなる)。となると、魚津駅から海側は本来は新魚津駅に担当させるか?となるのですが、日本カーバイド工業専用線跡へ話を繋げるとなると、あいの風の魚津駅担当でよかったのかなと思います。

 それと、魚津駅のページは「JR」「富山地鉄」「あいの風」それぞれ相互リンクになっています。(あいの風→富山地鉄のリンクが必要ということにあとから気づいた)

 さて、あいの風とやま鉄道としては8月取材分というのがなくて、実はこのあとの取材分は9月3日の東滑川・越中宮崎の各駅となります。(市振~越中宮崎の徒歩をどうやって表現するか。付録か各駅のページにするか。)

 その後は 9/10 石動駅(同日にIRの森本・津幡・・・掲載済)
        9/24 福岡駅つくりもん祭り(本編は11月なので掲載はあとから)
        10/2  黒部・入善
        10/15 生地・滑川
        11/5   越中大門・小杉
        11/13 福岡駅(本編)
  補足  今年2月に東滑川・西入善・泊を追加取材。

 という順番ですが、これにそれ以外のものを挟んでいくことになりますので、次回は別のものになります。(多分、七尾線 金丸・免田の差し換え。)

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

更新しました(第1002版)

 今回の更新内容・・・函館本線 北豊津駅の追加。

 前回、次回の更新は七尾線の差し換え、ということを書いたかも知れませんが、そういえばこの駅を追加しなければ、この駅がなくなってしまう、ということで、この駅廃止前に追加することにしました。

 よって、七尾線の金丸・免田駅の差し換えは次々回の更新で、ということになります。

 それと、いろいろとやることがありまして、今回は更新を飛ばしてしまおうかと思ったのですが、一駅だけの追加とさせて頂きました。

 なお、北海道に関しては次行かなければ追加はないのですが、

 新青森駅と新函館北斗駅の在来線・新幹線とも(新幹線は区間の過半数を満たしていないが、どうするか?)なお、在来線については差し換えと付録化

 森駅に微妙に追加。

 ということが残っています。これはまた後ほどということで。

 というわけで、次回はあいの風とやま鉄道となります。

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

更新しました(第1001版)

 今回の追加駅・・・あいの風とやま鉄道の西高岡・呉羽の各駅。

 ということで、今回はあいの風とやま鉄道の2駅を追加しました。あいの風とやま鉄道に関しましては石動から順番に、というのではなく、取材順にアップしていこうかと思いますので、この2駅になります。

 この2駅は田植えの頃の水田の様子を撮ることができる駅ということで選んだ駅です。IRいしかわ鉄道の東金沢・倶利伽羅と当日に取材していまして、この4駅が田植えの頃の様子をご紹介した形になっています。

 この頃までは駅とその周辺少しだけにとどめた取材をしているのですが、このあとからは一部駅を除いてまちあるきを加えてしまっているので、果たして何枚ずつになるやらというところです。

 呉羽駅も駅の近くの山の神社に行っているのですが、そこから駅を見下ろせなかったということで何も撮っていないわけです。その数ヶ月後の取材だったら、明らかにその神社のを撮っているはずなんですけどね・・・。数ヶ月でも取材範囲が変わってきたようです。

 さて、今後ですが、基本的に取材順に出していこうと思います。ただし、「あいの風とやま鉄道の回」と「それ以外の回」を交互にやろうと思います。

 となると、次は七尾線の金丸・免田の各駅の差し換えなのですが、これも田植えの頃の様子になります。

 その次のあいの風とやま鉄道は、7月の水橋駅になるのですが、このあたりから「まちあるき」色が濃くなってくると思います。

 なお、「あいの風とやま鉄道」のトップページにも書きましたが、掲載を開始した当初は未取材駅が多く、その後、取材が終わったという経緯があります。

 既に掲載している駅の本文中に、隣接駅が未取材ということを書いていある場合がありますが、いずれ掲載して修正される部分ですので、あえて修正せずに進めていこうと思います。この部分は誤りとしてご指摘しないようにお願いします。

 なお、リンク構造はちょっと複雑になっていまして、JRの駅とあいの風とやま鉄道の駅同一駅のものを相互リンクしています。そのへんおかしな部分がありましたらご指摘頂けますと幸いです。

 また、今回が1001版ということで、更新回数としたらちょうど1000回目になります。(第2版が初めての「更新」になるので、更新回数とすれば版数と1回ずれるので。)

 

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

更新しました(第1000版)

 今回の更新内容・・・・函館本線 山越・山崎の各駅の追加。

 ということで、1000版になりました。個人サイトでそういう時代でもありませんので、特にイベント等は行わないことにしていましたので(ネタもないので)、淡々と追加、という1000版にしました。

 ただし、ちょっとした調整で持ってきたのですが、1000版で「繋がり」として区切りをもってくることにしまして、今回の更新で、山崎・八雲-長崎が繋がっています(ただし、特に2009年以降の新設駅と、その後運行形態・運行会社が変わったものは掲載時のもの)という「繋がり」になりました。

 一応、函館本線としてはあと1駅。北豊津駅があるのですがこれは次回以降の更新でということにします。

 それにしても、今回追加した2駅は曇の中でして、これが桂川駅とか石谷駅と同じ日に撮ったものとは思えない空模様です。(何となく、落部駅ぐらいが天気の境界線だったのですが)

 1000版ということで、御覧頂いている皆様には厚く御礼を申し上げます。

 ・・・ということなのですが、実は今回は999回目の更新で、次回が1000回目の更新となります。

 それと、版数表記に当たって、4桁になったときにコンマを付けるかどうかずっと迷っていたのですが、特に金額でもないですし、これが5桁になることはないはずですし、新聞の「号数」や西暦にはコンマがついていませんし、版数についてはコンマを付けないことにしました。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »