« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

更新しました(第1075版)

 今回の更新内容・・・IRいしかわ鉄道の東金沢・森本・津幡の各駅に2018年取材分を追加。

 ということで、今回はIRの倶利伽羅駅以外の各駅に、今年取材分を追加しました。

 実はトップページの更新内容、今年の3月18日更新分の内容をコピペしてちょこっと変えただけです。それだけこの3駅は同時に追加取材分を扱ってしまうわけです。

 来年は同じことをするかどうか・・・ただ、IRの場合、どうしても1枚はフリーきっぷが手に入ってしまうので、各駅にご挨拶がてら行くかも知れません。

 それで、津幡駅だけ5月分もあるのですが、基本的に7月と10月。7月はまさか傘貸出コーナーで全駅まわることになろうとは思わなかったのですが、それだけです。

 10月取材分は変化でも何でもないのですが、「のりば番号標(仮称)」が気になったので各駅撮ってきたということと、ホーム上の赤線(CPラインというそうです)も。

 倶利伽羅駅は例によって、付録ページを作らざるを得ないというのが2017年と同じパターンなのですが、この駅の場合は八重桜の季節に倶利伽羅不動寺まで歩いているので、たっぷりと付録ページができると思います。

 それと、津幡駅は今回の更新で画像100枚超えました。次回からは付録ページに分割しますが、よく見ると同じような画像があったりして、多少整理できるかも知れません。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

更新しました(第1074版)

 今回の更新内容・・・城端線 林駅の差し替え。

 ということで、今回から12月19日に当サイト開設19周年を迎えまして、今回から20年目の更新となります。

 今回は城端線の一駅だけ差し替えます。本当はこの後取材した東石黒駅も一緒に、というところなのですが、実は今回より更新に使用するPCが変わっておりまして、試運転的要素がかなり強いので、一駅だけとしました。

 更新作業をしながらいろいろと設定をいじくっているので、時間がかかっているわけです。

 それにしても、今と全く季節が違うなと思うのですが、「田植え前後の水田の様子」シリーズはあと一駅あります。

 今年の更新はあと1回できそうですがやるかどうかはその時次第ということで。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

更新しました(第1073版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道の越中大門・小杉・呉羽・東富山の各駅に2018年追加取材分を掲載。

 ということで、「のりば番号標(仮称)」は気になる内にアップしてしまおう、ということなのですが、実はこれ、平日中に更新できればいいなと思って早々に画像だけは選んでいたものです。

 それが、結局、平日に更新できず、また今日は出かけていたので本当は更新が難しいところが実は先に用意してあったので更新ができた、という次第です。

 多分、19年目(12/18まで)の更新はこれで終了です。

 さて、あいの風とやま鉄道の「のりば番号標(仮称)」、結構個性的なものが多くて、この4駅だけでもかなりのものだと思います。というか、おそらく特徴があるものをアップしてしまったような気がします。

 その他、モニターの位置変更分なのですが、そういや高岡駅・富山駅は昨年のこのモニター設置分からまだアップしていなかった・・・。

 特に富山駅は2年分の変化をまとめたものを作る予定ですので、これは年が明けたらと思っています。

 次回は20年目に入ってからの更新の予定です。(というか週末だとそうなってしまう。)

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

更新しました(第1072版)

 今回の更新内容・・・越美北線 牛ヶ原駅の差し換えと差し替え前のものを再構成。

 ということで、先週の分は飛ばしてしまったのですが、前回の更新に引き続き、越美北線の差し替え。今回は一駅だけとしました。

 牛ヶ原駅で、田植えの頃の様子を撮れればいい、と思って行ったのですが、シバザクラがきれいでした。

 おそらくこの時期だから撮れたものを多く載せた、ということになりましたが、同じ説明で2枚載せることがあるのですが、今回は3枚を一つの説明で終わらせたところが2箇所あります。これ、多分水が張っていない水田だったら1枚で終わらせるものだと思います。

 それと、2005年の様子で、この駅は駅出入口に変化がありましたので、その様子もご紹介することができました。

 ということで例年12月19日、サイト開設の周年の日なのですが、この時までには1075版まで持って行きたいなと思っていますので、10日間で3回更新できるかどうか・・・。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »