2019年1月21日 (月)

更新しました(第1079版)

 今回の更新内容・・・IRいしかわ鉄道倶利伽羅駅のページに

 倶利伽羅駅付録2:八重桜の頃の倶利伽羅駅と、その他2018年追加取材分、
 倶利伽羅駅付録2-2:八重桜の頃の倶利伽羅駅~倶利伽羅不動寺

 を追加。

 ということで、実際これは「八重桜の頃の倶利伽羅駅~倶利伽羅不動寺と、その他2018年追加取材分」というものにするつもりで、とりあえず作ってみたのですが、画像が140枚を超え、容量も7MBを超えたため、分割することにしました。

 それで、どこか適当なところでちょん切って、「つづき」という感じでもよかったのですが、それもどうかなということで、付録2では駅と駅周辺を中心に、2-2では駅を見た後、倶利伽羅不動寺へ行って戻ってくる、という構成にしました。

 実は、倶利伽羅駅から倶利伽羅不動まで八重桜が続いている、ということも表現したかったので、付録2-2で一部「付録2」でご紹介した駅の様子を再度掲載する形を採り、駅との連続性も配慮しました。

 ということで、実は分割しない形で、昨日の21時頃から、倶利伽羅駅のページとツイッターからリンクする形でアップしてあったのですが、本日、こういう形で分割して、正式に更新としました。

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

更新しました(第1078版)

 今回の更新内容・・・京急本線の新馬場駅を追加。

 ということで、年が明けたら新規とそれ以外を交互、というのが続くのですが、今回は新規の回。

 本当は2駅ずつ掲載していきたいのですが、今日は出かけていたこともあり、なるべく軽い更新、ということは新規の駅は無理かなと思ったのですが、一駅ならそれなりの時間でできるので、今回も一駅だけとしました。

 画像を掲載する順番は、駅名標・駅舎以外は撮った順に忠実に、とすることも多いのですが、今回はかなり逆らっていまして、実際は

 北品川駅から旧東海道を歩いてくる→品川神社→北口を通り過ぎて南口へ→改札を通らずに戻ってくる→その間に目黒川など→再度北口へ→コンビニでコーヒー→北口からホームへ→構内を撮る→南口の改札口の手前まで行ってホームに戻り列車に乗る→青物横丁駅へ

 という流れでして、南口は改札を通っていないわけです。

 本文中ではこの駅で降りて、北口から降り、東海道・品川神社を散策し、南口までい歩いて再度ホームへ入った、という流れにしてあります。

 まあ、東海道の途中から始めても分かりにくくなりますし・・・。

 ということで、次々回の更新では2駅できるかどうか・・・。青物横丁駅も立会川駅も結構周辺を歩いた記憶があるのですが。

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

更新しました(第1077版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道高岡駅に

高岡駅付録1:あいの風とやま鉄道高岡駅 2017年の変化
高岡駅付録2:あいの風とやま鉄道高岡駅 2018年の変化
高岡駅付録3:2018年現在の高岡駅のりば番号標(仮称)

を追加。

 ということで、ちょっと時間があるときは時間がかかるもの・・・というわけで、今回はその中でも比較的軽い高岡駅の変化を掲載することにしました。

 それで、2017年のものを掲載していなかったのは、2018年のものと併せて1ページで済むだろうと思ったからなのですが、実際やってみると2018年の分で100枚をちょっと超えたので、それに2017年や「のりば番号標(仮称)」を一緒にするわけにいかなくなってしまい、結局3ページの付録が出来上がってしまいました。

 いやほんと、高岡駅って「区間全駅」コーナーが出来るきっかけになった駅でして、その威力は今も十分にあります。

 それで、2018年の分は変化というより今後見られなくなる部分を詳しく見てみた、というものなのですが、実際は片方は柵ができなかったので、今でも大丈夫なエリアです。

 ただ、今後は予断を許さないので、撮っておいて掲載しておく分には損ではないわけで、今回掲載しました。

 また「のりば番号標」は、これで1ページ作る羽目になるとは思わなかったのですが、手すりや通路上のものも入れて、あるいは2008年の分からひっぱってきて1ページに構成しました。

 2008年の氷見線のホームは、こちらは掲載していなかった方の画像なのですが、よく撮ってあったなと思いまして、ただこれをJR高岡駅のページに載せるよりはこちらのページにまとめての方がいいかなということでこちらにしました。

 

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

更新しました(第1076版)

 本年もよろしくお願いします。

 今回の更新内容・・・京浜急行本線に北品川駅を追加。

 ということで、恒例の元旦更新。そして恒例の「新しい区間」の開始です。

 この前お知らせしましたように、新たに撮ったものが京急の数駅しかない、という状態になっていまして、否応なしにこの区間となってしまいました。

 そして、当サイト初の「大手私鉄」というわけです。

 ただ、エリア的には東京モノレール・鶴見線・横須賀線を扱っているので、実はこの3線を繋いでしまうのが京急というわけで、そういう意味では10年以上の時を経て、自然発生的なものなのかも知れません。

 それで、現在の駅取材の流れをそのままもって来てしまっているので、画像枚数が多くて駅周辺広範囲にわたってしまっている、という状態になっています。これが次の新馬場駅でも展開されてしまうので、今回は一駅だけとしました。

 このペースで京急全駅なんてやってしまおうものならとんでもないことになるのですが、品川とか横浜とか、人の多い駅は無理かなと思っています。そういう意味で京急本線は今のところ全駅取材を考えていません。

 ということで次回更新は地元の駅の変化や再取材ということになります。例によって交互で進めていきます。

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

更新しました(第1075版)

 今回の更新内容・・・IRいしかわ鉄道の東金沢・森本・津幡の各駅に2018年取材分を追加。

 ということで、今回はIRの倶利伽羅駅以外の各駅に、今年取材分を追加しました。

 実はトップページの更新内容、今年の3月18日更新分の内容をコピペしてちょこっと変えただけです。それだけこの3駅は同時に追加取材分を扱ってしまうわけです。

 来年は同じことをするかどうか・・・ただ、IRの場合、どうしても1枚はフリーきっぷが手に入ってしまうので、各駅にご挨拶がてら行くかも知れません。

 それで、津幡駅だけ5月分もあるのですが、基本的に7月と10月。7月はまさか傘貸出コーナーで全駅まわることになろうとは思わなかったのですが、それだけです。

 10月取材分は変化でも何でもないのですが、「のりば番号標(仮称)」が気になったので各駅撮ってきたということと、ホーム上の赤線(CPラインというそうです)も。

 倶利伽羅駅は例によって、付録ページを作らざるを得ないというのが2017年と同じパターンなのですが、この駅の場合は八重桜の季節に倶利伽羅不動寺まで歩いているので、たっぷりと付録ページができると思います。

 それと、津幡駅は今回の更新で画像100枚超えました。次回からは付録ページに分割しますが、よく見ると同じような画像があったりして、多少整理できるかも知れません。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

更新しました(第1074版)

 今回の更新内容・・・城端線 林駅の差し替え。

 ということで、今回から12月19日に当サイト開設19周年を迎えまして、今回から20年目の更新となります。

 今回は城端線の一駅だけ差し替えます。本当はこの後取材した東石黒駅も一緒に、というところなのですが、実は今回より更新に使用するPCが変わっておりまして、試運転的要素がかなり強いので、一駅だけとしました。

 更新作業をしながらいろいろと設定をいじくっているので、時間がかかっているわけです。

 それにしても、今と全く季節が違うなと思うのですが、「田植え前後の水田の様子」シリーズはあと一駅あります。

 今年の更新はあと1回できそうですがやるかどうかはその時次第ということで。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

更新しました(第1073版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道の越中大門・小杉・呉羽・東富山の各駅に2018年追加取材分を掲載。

 ということで、「のりば番号標(仮称)」は気になる内にアップしてしまおう、ということなのですが、実はこれ、平日中に更新できればいいなと思って早々に画像だけは選んでいたものです。

 それが、結局、平日に更新できず、また今日は出かけていたので本当は更新が難しいところが実は先に用意してあったので更新ができた、という次第です。

 多分、19年目(12/18まで)の更新はこれで終了です。

 さて、あいの風とやま鉄道の「のりば番号標(仮称)」、結構個性的なものが多くて、この4駅だけでもかなりのものだと思います。というか、おそらく特徴があるものをアップしてしまったような気がします。

 その他、モニターの位置変更分なのですが、そういや高岡駅・富山駅は昨年のこのモニター設置分からまだアップしていなかった・・・。

 特に富山駅は2年分の変化をまとめたものを作る予定ですので、これは年が明けたらと思っています。

 次回は20年目に入ってからの更新の予定です。(というか週末だとそうなってしまう。)

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

更新しました(第1072版)

 今回の更新内容・・・越美北線 牛ヶ原駅の差し換えと差し替え前のものを再構成。

 ということで、先週の分は飛ばしてしまったのですが、前回の更新に引き続き、越美北線の差し替え。今回は一駅だけとしました。

 牛ヶ原駅で、田植えの頃の様子を撮れればいい、と思って行ったのですが、シバザクラがきれいでした。

 おそらくこの時期だから撮れたものを多く載せた、ということになりましたが、同じ説明で2枚載せることがあるのですが、今回は3枚を一つの説明で終わらせたところが2箇所あります。これ、多分水が張っていない水田だったら1枚で終わらせるものだと思います。

 それと、2005年の様子で、この駅は駅出入口に変化がありましたので、その様子もご紹介することができました。

 ということで例年12月19日、サイト開設の周年の日なのですが、この時までには1075版まで持って行きたいなと思っていますので、10日間で3回更新できるかどうか・・・。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

更新しました(第1071版)

 今回の更新内容・・・越美北線 越前田野・柿ヶ島の各駅を新しく取材しなおしたものに差し替え・差し替え前のものは構成を変えて再掲載。

 ということで、最近は主として4月あたりのもので、さっと更新できるものを順にアップしていますが、今回は越美北線の分です。

 水田やシバザクラ云々で3駅行ってきたのですが、うち、同じ「区間」にある2駅をアップしました。あと牛ヶ原駅は「越前花堂-越前大野間」になるので、回を改めます。

 越前田野駅は、田植え前の水田が広がる・・・、にしては少しそうでもなかったかも知れません。やっぱり最近は品種が変わってきたので、GWあたりだと田植え直前の様子になりきれていない部分が出てきたのかもしれません。

 それと柿ヶ島駅。この駅は紅葉の頃に行きたいと何年か思っているのですが、結局、新緑の時に行ってしまいました。

 紅葉の時期・・・まあ、来年以降で。今年はもう終わったと思います。ただ、どうも針葉樹が多そうなので、期待しない方がいいかも知れません。

 ということで、越美北線もぼちぼちと差し替えをしていきたいところなのですが、また来年どこかの駅に行きたいと思います。

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

更新しました(第1070版)

 今回の更新内容・・・富山地方鉄道立山線 下段・沢中山の各駅の差し替え。

 ということで、何となく古い取材分で、かつ1回の取材分をそのまま出せばよいものを追加していく流れですが、今回は富山地鉄の2駅です。

 田植え前の水田に水を張った様子を撮りたくて行って、実はそれほどそういうところがなく、ようやくこの2駅かなということで撮った駅でした。ということで、水田狙いです。

 他に立山線のこの駅に至るまでに、水田の近くの駅はあるのですが、この日現在では水が張られていませんでした。

 最近は品種もいろいろと出てきて、必ずしもGWに一斉に田植え、という流れではないようです。

 ということで、「付録」ではなく差し替えなのですが、特に下段駅は変化がほとんど無いというか・・・。どうせならその13年間にほとんど変化がないなというところを御覧頂ければと思います。

 2駅前、五百石駅はかなり変わったのですが・・・。それはまた取材したときということにします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧