2018年1月14日 (日)

更新しました(第1039版)

 先週の週末(3連休)は出かけていましたので、更新できず。本当は進捗率70%ぐらいで用意してあったのですが、週の半ばぐらいに更新できればと思いつつ、それもできずに、今回の更新としました。

 更新内容・・・北陸本線 小松駅に付録として「小松駅付録3:小松駅2016年・2017年の変化」を掲載。

 ということで、「金沢-福井間」の回で、今回は小松駅。あと残り、金沢駅と加賀温泉駅があるのですが、そういえば芦原温泉駅もあったけど、それはこの後の変化と一緒にしようかどうしようか、というところです。

 小松駅の場合は2016年の2月に少し撮ってあって、本編では撮っていないところからだったので、いずれ、と思っていて、それが2016年秋以降の変化と一緒にご紹介することができました。

 この駅の場合は自動改札機設置という変化と、新幹線駅舎建設、そして駅の前のビル建設という変化がありまして、それを時系列で同時にご紹介しています。

 このあと、どうやら中二階に発車案内ができて、それが2017年として扱わねばならないかなということで、行こうかどうしようかと思っていたのですが、とりあえず12月3日までで締め切りました。

 そういうことで、次回は新しい区間の設定になるはずですが、更新にかける時間がないようでしたら他のことをします。

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

更新しました(第1038版)

明けましておめでとうございます。本年も当サイトをよろしくお願いします。

 今回の更新内容・・・因美線 因幡社・用瀬の各駅の追加。また、智頭駅を仮置き場から移転掲載+画像の追加。

 ということで、元日更新は新しい区間の設定、ということが恒例になっておりますので、今年もそれに倣って新しい区間の設定。

 ただ、因美線については今回の分で終了でして、今のところこれ以外の駅の追加はできません。

 なお、これ以外に智頭急行と津山線で何駅かずつ追加できるのですが、昨年取材した駅で、全くの新規(えちごトキめき鉄道を除く)はこの3線だけなのです。本当は北海道にも行く予定でしたが、台風のため中止(延期)しました。

 今まで「区間全駅」では「別の区間に掲載した駅も含めて、過半数の取材をもって区間を設定する」こととしていて、例外として、その区間を構成する駅のうち5駅以上取材すれば区間として掲載してもよい、ということにしています。いずれにしても全駅取材を前提(例外あり)としています。

 ただ、これで何年もやっていたのですが、どうしても行く方向が偏ってしまうわけで、JRの在来線の内定期列車の走る路線を完乗(まわりくどいですがそういう定義です)してから、かなり行くところが偏ってしまっているな、ということを感じていました。

 それがさらに近年強化されていて、つまり、地元の駅を深入りしてしまって、ほんとさらに偏ってしまってきたなということを感じていました。

 つまり「その区間の全駅をまわる」か「全く行かない」の二択になってしまう傾向があり、「全駅をまわる」にしても一駅を大事に扱うようにする傾向のため、おそらく居住地から遠いところになると、このまま全く行かないままになってしまうという恐れが出てきました。

 ということで、一駅を大事にするのはいいので、まわる駅を少なくしても、どんどん区間として設定していけるようにすれば、ある程度「偏り」は解消されてくるかなということを思いまして、このような基準の変更としたわけです。

 目安としては2~3時間、あるいは半日ぐらいその路線のいくつか「降りたいな」と思った駅に降りて取材すれば、さしあたってOK、という感じにしたいわけで、3駅を基準としました。

 そういうことで、1泊~2泊ぐらいの旅で、こういう感じで手軽に「区間」を設定していくと同時に、地元の駅に深入りする、という方向も強化できればと思います。

 なお「地元の駅の強化」と言っても、今後は支線・私鉄中心になると思いますので、こちらももう一度降りたいなと思った駅から「差し替えの取材」をしていくことになりますので、今後は「つまみ食い」的な降車方法になっていくと思います。

 また、今回のように3駅で「区間設定」したものについては、今後、数駅ずつでも追加できればと思います。

 今まで「区間」として掲載した駅は、1~2回行って全駅をまわったところが多く、それ以降は全く行っていない、ということがほとんどなので、何回かその区間に行くことで見えてくること、変化が感じられることがあるのではないかと思っております。

 そういうことで、このサイトの変化のもう一つの方向として、薄く広い区間設定もやっていこうともいます。

 つまり

 薄く広い区間設定
 既存の取材駅を深く再取材・差し替え(町あるきも含める)
 特に地元の駅については変化を追いかける(施設の変化・周辺の変化・季節の変化)

 というところが、近年及び今後の「区間全駅」の方向性かと思います。

 ちなみに今回、用瀬駅については町あるきも含めた取材・掲載となっていて、もう一つの方向性も含めたものになっています。

 ということで、新年につき、というわけでもないのですが、ちょうど昨年8月取材分を掲載するときに改めて書こうと思っていたことでもありまして、書かせて頂きました。
 

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

更新しました(第1037版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 細呂木駅の差し換えと、差し替え前のものを構成変更。

 ということで、今年最後の更新です。なお、元旦に更新する予定で、かつ、2日連続更新をしないことにしている関係上、更新日は既に日付が変わって31日になっているのですが、30日の扱いとします。このブログは31日の日付とします。

 ということで、芦原温泉・丸岡の両駅と同じパターン、牛ノ谷・森田と異なるパターンで、差し替え前のものを同一ページに構成変更して掲載する形にしました。

 また、2002年取材分を復活掲載させることにしました。

 ほんと、2002年の分、ホーム面を撮っていたら今と違うものをお見せできたのですが、撮っていないものですね・・・。ホーム屋根下の椅子も違うし、少し小部屋のようになっているものがあったんですけどね・・・。

 2011年との違いが、あまり大きくないので、実は2011年取材分を構成変更して、他のページに合わせた形にしようかと思ったのですが、麦畑の様子を撮ったついでに、差し替えることにしました。

 ということで、何となく2017年と2011年を比較しても大きく変わらず、トイレの建物ぐらいかな・・・というところです。

 駅前が少し変わるのですが、個人の住宅や個人商店だったりするので、そのへんはあまり詳しく扱っていません。

 ということで、金沢-福井間の未改良ページが春江駅だけとなっているのですが、この駅も一度は差し替えていて、細呂木駅同様、ホーム改良後で差し替えているため、ほかの駅に合わせて町あるき的要素を加える形で再度取材をしたいと思います。

 そして、北陸本線としては新疋田~米原が2002年取材のままなので(ただし、長浜駅だけ差し替え済)、来年の一つのテーマかと思います。(敦賀~直江津は差替済。金沢~直江津はJR時代として。)

 次回は元旦更新で、恒例の「新たな区間」となります。ちゃんと用意していますが、3つのうちどれにするかは未定です。

 なお、次回追加分より「仮置き場」と「区間設定」の境界が変わります。

 

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

更新しました(第1036版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道 東富山・東滑川・魚津・黒部の各駅に追加取材分を掲載。

 ということで、18周年を特に何もなく迎え、今回より19年目のこうしんとなります。

 と、本日はいろいろありまして、今のうちに更新をしておきます。また、時間のかからない更新とさせて頂きました。

 一応、8月6日追加取材分、という位置づけです。

 基本的にはモニターと乗車位置案内(東滑川は2月に撮ったときに、既に乗車位置案内が付いていたので掲載済のためモニター)です。また、黒部駅などは少しだけ変化を追いかけていますし、魚津駅などは駅周辺の様子で撮っていなかったものを足しています。

 ということで、このシリーズはあと何駅か残っているのですが、また更新の時間を取ることができないときに使わせて頂こうと思います。ただ、時間をかけなければならない駅も少しあります。

| | コメント (0)

更新しました(第1035版)

 実はこのブログ、更新したときに書くことを忘れていたのが、翌週の次の更新の時に気づきまして、まあいいや、と簡単に書きます。

 今回の更新内容・・・北陸本線美川駅に付録として、「美川駅付録:美川駅2017年の変化と田植え・稲刈りの頃、美川の町あるきなど」を追加。

 今回は金沢-福井間の回ということで、少し時間を取れたので、美川駅の追加。

 ICOCA改札機とワンマンミラーは各駅と同様なのですが、この駅のそばに水田があり、それの田植えの時期と稲刈り直前の時期にそれぞれ撮っていたので、それらも。

 さらに「美川の町」は歩いていて見どころも多いところなので、それもまとめて付録ページとしました。

 ということで、本編より多い99枚の画像のページではありますが、現時点で、駅を巡ってやりたいことというのがこういうことなんだろうなということがまとまったページになったと思います。

 ただ、これが全駅でできるかというと、そうでもないわけで、たまたまいろいろな要素が重なってできたということです。

 ということで、18年目の更新はこれで終了。次回から19年目の更新となります。

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

更新しました(第1034版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 鯖江・武生・王子保の各駅に追加取材分を掲載。

 ということで、今回はお手軽更新。3駅合わせて26枚の画像を追加するだけです。・・・ということを「お手軽」と言ってしまうことに、感覚が麻痺していると思われます。

 それで、松任駅同様、鯖江駅でもホームと改札口に発車案内が付けられました。自動放送はこのサイトでは扱っていないので、それはご紹介していませんが、その発車案内の画像。それと、跨線橋が工事中の様子しか載せていなかったので、それが完成している様子も掲載しました。

 武生駅はホームでちょっとだけ写真を撮ったのですが、これも載せないわけにはいかないだろう、ということで掲載。

 王子保駅は、この日、細呂木・丸岡・森田と撮っていって、どうせならもう一駅、ということでこの駅まで足をのばしました。

 後ろに水田が広がっていると思いきや、麦畑だったり、水の張り方が少なかったり、田植え前だったりということだったのですが、丸岡・森田に引き続き、田植え直後の様子を撮ることができました。

 以前はこの形で撮った場合は付録扱いだったのですが、今は本編の下の方にそのまま載せていく形が主流になってきました。ということで、そのまま引き続いて載せています。

 と、奇しくも3駅、続いている駅をそのまま1回の更新で載せたのですが、以前に追加掲載した湯尾駅を含めまして、この区間の今年追加取材分はこれで終了です。

 来年は・・・まるまるこの区間、ICOCA導入駅になってしまうので、またその前後を撮りあるこうかどうしようか考えています。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

更新しました(第1033版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 森田駅の差し替え。また、差し替え前のものは付録化。

 ということで、今回は「金沢-福井間」をどうにかする回なので、どうしようかと思い、森田駅の差し替え。

 この駅は、通学で使っていた駅で、結構思い入れがあるのですが、結構変わってきています。この2つのページを見比べて頂いて、大きな違いが駅舎と反対側のホームの待合室なのですが、この待合室で結構時間を過ごしましたし。

 そういうこともあり、差し替え前の様子を少し多めに取りたかったこともありまして、丸岡駅と違って付録方式を採りました。

 しかしまあ、4年間この駅を利用したと言っても、この駅を360度まわって見たわけでもなく、反対側から水田越しにこの駅を見るなんて初めてでしたし、どうにか通学で使っていた時よりも広い範囲からこの駅を見ることができるようになったのかなと思います。

 なお、県道に出てから(駅前の道も県道ではないか?というご意見もあろうかと思いますが、ニュアンスは分かって頂けます?)あるバス停にこだわっているのは、雪の日はこのバス停を使っていましたし、駐輪場にこだわっているのは、この駐輪場に自分の自転車を置いておいたし・・・という極私的な理由です。

 また、付録ページは、まずあえて更新前の画像を全て用いる形にして、それに掲載していないものを追加していく方式にしました。

 それと、2002年の分は2009年の分に差し替えたときに掲載しなくなっていたのですが、復活させています。これは牛ノ谷駅と同じ方法を採っています。

 それで、本日、福井方面へ行ってきまして、ここでよく書いていた「年内にもう一度見てきたい」と思っていた加賀笠間・小松・加賀温泉の各駅にも行ってきました。

 年内に、というわけではありませんが、一応2017年までの変化ということで、一旦掲載したいと思います。(加賀笠間駅は追加掲載にするか、一旦掲載したものを付録として分離させるか・・・)

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

更新しました(第1032版)

 今日は少し時間的に早いですが、用意ができましたので更新します。

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道 生地・西入善駅に追加取材分を掲載。

 ということで、今回はページの増加が伴わない、既存のページに画像を追加する更新です。

 あいの風とやま鉄道につきましては、掲載時期にモニターの追加取材が出来ていた分については同時に掲載していたのですが、追加取材前に掲載をしてしまったものについては、モニター等の掲載ができていません。

 それで、一応、モニターについては全駅撮ってあるので、IRや石川県内の北陸本線同様、ちょっとずつ追加していくわけです。

 今回、2月頃の取材分で掲載できていないものがないかなと思っていたら、西入善駅の冬の晴れた日の立山連峰の分があり(同日に撮った東滑川駅は掲載済です)、それを載せるがてら、10月にモニターを撮った分も掲載、となると生地駅~西入善駅の徒歩の様子も掲載、となると生地駅側も追加分を掲載だし、そうなると生地駅のモニターの様子も掲載、という流れになったわけです。

 西入善駅はあいの風とやま鉄道の中では初期の頃に撮ってあるので、「まちあるき」(主として海岸へ)をしているといっても画像が少なめで、その掲載済の分に加える形で、掲載済の分と重複しない範囲を歩いて掲載している形になっています。

 また、西入善駅本編の曇の中に、快晴の日の様子が加わってバランスが取れた状態になっていると思います。

 生地駅は本編がかなりの枚数ですので、それに遠慮がちに、モニターと黒部川までの短い区間を掲載した形です。

 両駅とも、桜が満開の時に行きたいなということは考えています。来年、何らかの追加ができればいいのですが。

 一応、あいの風とやま鉄道の追加掲載予定。

 石動・・・モニターは掲載済。駅舎工事が始まったので、それを撮っていくのですが、現状の枚数から考えると付録化か?。これを一旦今年の分で掲載して、橋上駅完成までの様子を追いかけて行かねばならないかと。

 福岡・西高岡・・・どちらもモニターと乗車位置案内の分を簡単に追加。

 高岡・・・モニターというより改札口の発車案内が変わったということと、ホームの発車案内も変わったので、枚数的にそろそろ付録化か。ただし、ちょっとだけ掲載をあとにして、隣駅が「高岡やぶなみ」になったところまでカバーする感じかも。

 越中大門・小杉・・・掲載済

 呉羽・・・モニターの様子と、若干駅周辺の様子を追加。

 富山・・・これも「変化」をどこまで追いかけるかなのですが、今年いっぱいで区切る形でモニター追加をカバーする、となると年内にもう1回行きたいかも。

 東富山・水橋・・・モニターと乗車位置案内を簡単に追加。水橋は駅周辺を少し追加。

 滑川・・・掲載済。この駅は乗車位置案内を撮っていなかったので、来年以降、富山地鉄の中滑川と併せて撮ってきて、その後軽く追加。

 東滑川・・・モニターと乗車位置案内を簡単に追加。

 魚津・黒部・・・モニターと乗車位置案内、あと駅周辺の様子を追加。

 生地・西入善・・・今回で今まで撮ってある分は掲載済。

 入善・・・掲載済。

 越中宮崎・・・モニターを簡単に追加。(この駅に限り乗車位置案内はなし)

 泊・・・実はここがちょっと悩ましいところで
     1.2月に待合室がきれいになった+山と駅舎+夜の様子
     2.4月の「春の四重奏」とモニター・乗車位置案内
     3.6月の駅周辺の徒歩(まちあるき)と、そのまま城山経由で越中宮崎駅まであるいてしまった件

 それで、3の越中宮崎駅まで歩いた分は、今回のように分割してしまうと、実は越中宮崎で市振駅からの徒歩の県境以降を掲載してある分があるので、それに泊駅のどこかからの分を掲載するとややこしくなるので、多分「3」についてはそのまま付録扱い。

 となると1と2を本編ページに追加して、3を付録かな?でもそこまで行くならまとめて付録かなという思いもありまして、ちょっと泊駅の掲載方法は要検討です。

 以上、全駅掲載後の追加掲載が必要な「あいの風とやま鉄道」の各駅ページの予定でした。

 

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

更新しました(第1031版)

 今回の更新内容・・・北陸本線松任駅のページに付録として「松任駅 2015年~2017年の変化」を追加。

 ということで、北陸本線石川県内の変化記録として、松任駅です。

 これ、現在のページに追加する形でやろうかなとも思ったのですが、ほかの駅より量が多くなるので、全部加えたところで(何なら付録1もまとめたところで)100枚には到達しなさそうなのですが、明確な基準もないまま、このページにつきましては付録ページとしました。

 このあと、金沢・美川・小松・加賀温泉の各駅については多分100枚越えてしまうので、付録ページにします。(小松はもしかすると大丈夫かも。金沢は現段階で1~2枚足すと、既にオーバーしてしまう。)

 なお、美川駅は現状の取材段階でアップしてもよい状態。小松・加賀温泉はできるだけ年内にあと1回行って、その分も加えたいと思っています。金沢駅も現段階でいいかなと思っていますが、これももうちょっと待とうと思います。

 さて、松任駅ですが、追加したページ冒頭に書いていますように、2017年の北陸本線の変化をそれぞれ受けている駅なのだなと思います。そういう意味では今年の北陸本線の変化を象徴する駅だったと思います。

 また、「2015年~」というのは、たまたま2015年に列車→バスという乗換をこの駅でしたときに、ホームの下を通る道路ができていたのでそれを撮っていたのですが、それをどうやって出そうかと思っていて、ちょうどよい機会だったので今回入れたという次第です。

 それで、この駅の加賀笠間側の踏切が、自動車が通れなくなっていたのですがその前の様子は頭には浮かぶのですが写真として撮っていなかったわけで、何となく悔しい感じもします。

 なお、松任駅については駅周辺の「町あるき」も面白いかも知れませんので、また来年にでもそれができればそちらも付録ページで対応したいと思います。

 なお、本日の更新は久しぶりに「祝日更新」として行いました。内容を小規模にしたり、更新履歴ページは手を加えなかったりと、少し簡易なものにしています。

 

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

更新しました(第1030版)

 今回の更新内容・・・えちぜん鉄道 志比堺・小舟渡駅の差し替え。差し替え前のものも再構成して掲載。

 ということで、最近は差し替えたり追加したりする更新が続きまして、それが当面続きまして、今回は何にしようかと迷ってから更新を始めることが続いています。

 それで、今回は今年何回か行ったえちぜん鉄道から、まずはこの2駅なのですが、何となく夏に改めて行きたかった駅でもあります。

 ページを作ってから気づいたのが扱い上、別の「区間」だったわけで、それで少しトップページの書き方がややこしくなりました。今なら一つの「区間」にしてしまうかな?と思ったりしますが、よく考えると「福井-永平寺口」間を取材したときは、その先の運転再開前だったわけで、やっぱり永平寺口駅で切っておかなければならなかったようです。

 何となく、歩き回る範囲が結構広くなっていて、本当にこれから先、各駅でこのような範囲の取材をするのかどうか分からないのですが、こういう感じで差し替えていきます。

 ただ、今までの「差し替え」と違って、少し慣れてきてからのものを差し替えているので、実は差し替え前と差し替え後、似たような角度から撮っているなと思うものが多くあります。

 特に志比堺駅は撮っておいてよかったなと思うものもいくつもあり、それで今回、両駅とも基本的に差し替え前のものをそのまま載せて、それに少し加える形での「構成変更」としました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧