2019年11月17日 (日)

更新しました(第1117版)

 今回の更新内容・・・北陸本線小松駅に、2018年・2019年取材分の付録ページをそれぞれ作成。

 ということで、小松駅はうまいこと暦年単位の付録ページというのが守られているようで、きれいに2018年分が納まり、2019年分も、このあと追加取材があってもその分は納めることができそうです。

 小松駅はそれほど大きな変化はないかなと思って、加賀笠間や加賀温泉駅とのついでとして降りている思いもあったのですが、やはり並べてみると結構変わっていっているなという印象です。

 あからさまに変化があった時点をすぐに押さえているわけではありませんが、これぐらいの間隔で変化が見えてくるのかなという感じがしました。

 それで、付録ページ、「追加取材分」「変化」「の様子」や「変化と追加取材分」など、ページごとに言い回しが異なっていますが、ある程度扱っている内容を考慮して決めつつも、厳密な定義づけをしているわけではありません。

 統一した方がいいのかなとも思うのですが、そういや、本編から付録ページへのリンクの形も統一されていなかったりと、手を加えるところは多いのですが、まずは未掲載ネタをアップしていく方が優先かなと思います。

 ということで、多分、不統一状態はずっと続くと思いますが、ご容赦ください。

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

更新しました(第1115版)

 今回の更新内容・・・えちごトキめき鉄道の直江津駅の追加。

 ということで、今回は新潟県の回。といっても、トキ鉄しか追加するものがないのですが、流れから行くと能生駅となります。

 ただこの駅、取材が最後になってしまって、実はできればもうちょっと撮りたいものがある、という状態で、今月中に天気のよい日があれば行きたいなと思っているところなのです。

 そういうこともあり、ここからは取材順に、一旦直江津駅から進めていくことにしました。なお、能生駅が最後に残った段階で再度行けなかった場合は一旦その時点でページを作ることにします。

 とは言っても直江津駅、実はこの駅も不足感が否めなくて、本当はホームごとに撮ったり、特に3・4番のりば、5・6番のりばの谷浜駅側を撮ったりとか、あと、改札内の跨線橋内なんかも全く撮っていないなと思うわけで。(人が多くて撮れなかった)

 確か、最後の方時間がなくなって列車に乗ってしまったという経緯がありまして、この駅は追加取材を前提としたページになっています。枚数も60枚台と、この規模の駅の最近のものに比べて少なめになっています。

 その割には「のりば標」をしつこく載せていたりと、最近の流れを組んでいます。

 

 なお、えちごトキめき鉄道は、自動放送で「のりば」を使っていましたので、一旦、直江津駅に関しては「番線」ではなく「のりば」の表記をしています。従いまして「番線標」ではなく「のりば標」とさせて頂きました。

 妙高はねうまラインの駅も、高田・新井あたりで自動放送の「のりば」を確認できたら、全体を「のりば」で統一したいと思います。

 

注:従来「のりば番号標(仮称)」と表現していたものについて、前々回の更新の芦原温泉駅の回でそれを撮った時に画像をよく見ると「番線標」という名前がついていたことが分かりました。

 本来は「番線標」とすべきところですが、「番線」ではなく「のりば」と案内している会社については、それに合わせた呼称にしたいため、

 「番線」と案内する会社→番線標と表記
 「のりば」と案内する会社→「のりば標」と表記
 両社混在している会社→「のりば」を優先して「のりば標」と表記。

 なお、番線標は名前が出ているため「」なし、「のりば標」は個人言語の範疇なので「」ありとします。

 と、先日、ツイッターではお知らせしましたが、こちらでははじめてお知らせします。

 また、従来アップしてあるもの(「のりば番号標(仮称)」と表記してあるもの)については、当分の間、そのままにしておきます。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

更新しました(第1113版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 芦原温泉駅に付録として2017年~2019年7月までの様子を5ページにわたって掲載。

 ということで、前回の加賀笠間駅に引き続き、今回は芦原温泉駅の変化の様子を一気に出してしまいます。

 これ、1ヶ月分の更新の分量があるのですが、そうやって1ヶ月かけていると貯めているネタがずっと出せなくなるので、その気になったときに一気にやってしまいます。これも、火曜日の祝日と、本日、天気が悪くて出歩けなかったものを利用したのですが。

 芦原温泉駅の場合、特に付録3までがクライマックスになるかなと思います。このあたりで4番のりばがなくなり、東側出入口が大きく変わりということで、在来線の乗客にとっては変化があったところだと思います。

 そういうこともあり、タイトルも「○○の変化」から「○○の様子」と、微妙に変わっています。

 あと、ICOCA改札機の設置後未稼働・稼働後の様子、また、のりば番号標(仮称)についても、この中で出していますので、他の駅で取り扱った内容もようやく追いついたというところです。

 次回は滋賀県の回。滋賀県・新潟県については「駅の変化」ではなくて、単純な差替となりますので、ちょっと趣が変わります。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

更新しました(第1112版)

 今回の追加内容・・・北陸本線 加賀笠間駅に付録として2018年3月~2019年7月の様子を3つのページでご紹介。(もう、こう表現します)

 ということで、加賀笠間駅は前回の石川県の回で、2017年終わりの様子をちょこっと追加したのですが、今回は一気に、取材してあるものを全て出し切る形で一気に3ページ作りました。なお、3ページ目(付録4)は、次回以降の取材分も追加することを意図しています。(できれば今年いっぱいの分をこのページに載せたいと思っています)

 2018年3月の様子を見ていると、今から見ると既に懐かしい域に入ってしまっているのですが、ここから大きく変わったなと思います。

 東口駅舎の完成、そして新幹線の高架橋脚ができてきている様子を順を追っているのですが、何となく毎回、撮る場所が決まっていて、それを単純に並べて変化をご紹介できたかなと思います。

 この後の分は、仮に来週末撮りに行ったとしても、来年4月以降にご紹介することになると思います。(そうでないかも知れない)

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

更新しました(第1111版)

 高頻度で更新すると思いきや、少し間が空きました。

 さて、ぞろ目の版数の回。次回のぞろ目は20年以上後になりますよ・・・。

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道の呉羽駅に2019年~の追加取材分、水橋・滑川の各駅に2018年~の追加取材分の付録ページを追加。また、東富山駅に2019年3月追加取材分を追加。

 ということで、趣旨は今まで追加取材したものを掲載するということなのですが、呉羽駅は2018年追加取材分まで追加してあったので、この前の小杉駅同様、2019年追加取材分を付録ページとして掲載しました。

 水橋・滑川は2018年追加取材分(のりば番号標)をまだ掲載していなかったので、2018年追加取材分から付録ページとしました。

 東富山駅は2019年追加取材分を掲載しても、トータルの枚数は多くならないので、そのまま同一ページに追加しました。

 ということで、今後のことを考えていくと、多分、越中大門と東富山だけ「付録ページ」がない状態になって、他の駅は「付録ページ」がある状態で今までのところは落ち着きそうです。

 なお、タイトルが「○○年~」となっている付録ページは、今後の追加取材分を同一ページで扱うことを意図しています。多分、呉羽駅は変化があるようですし、東富山駅もおそらく、今度こそ付録ページを作ることになると思います。

 次回は石川県の回ですね。多分、北陸本線の駅の変化ということになると思います。しばらくは差替ではなく、変化を追いかけるものになりそうです。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

更新しました(第1107版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 加賀笠間駅のページに付録として「加賀笠間駅付録1:加賀笠間駅2017年の変化」を掲載。

 と、今回は1ページまるごと作ったのではなく、トップページにも書いてありますように、12月3日取材分を掲載しただけです。

 ただ、それより前のものが本編のページにずっと続けて変化を掲載してあったので、2017年取材分をまとめて新しい付録ページに分割しました。

 実は加賀笠間駅、この12月3日分を掲載するにあたりどうやって追加しようか割と懸案になったまま忘れていたのですが、いざ掲載しようとしてようやくこの問題を思い出したというわけです。

 今後、2018年以降の変化も掲載していくのですが、それとも合わせるために、また、12月3日分を掲載したら中途半端なところで溢れてしまうし、ということで、こういう形にしました。

 ただ、見ている方にはどうでもいい話なのですが、画像ファイルの命名法だけ、他の「付録」と別パターンになっています。これが分割するときのネックになっていたことなのですが、そのまま付録用ではなく、本編からの続き番号にしました。これは自分で忘れるので本文中にメモしてあります。

 この方法を採るということにしたことで、今後、同じように本編ページに変化をぶら下げているページも、どこかの段階で付録に移行できる方法が固まったかなと思います。

 で、内容ですが、2017年。今から見ると懐かしいなという感じがしまして、今度2018年の変化で大きく変わると思います。なお、2018年で1ページにするか、2019年も同一ページの付録にするかは、作ってみてから決めます。

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

更新しました(第1105版)

今回の更新内容・・・北陸本線 大土呂・王子保・南条・湯尾の各駅について、2018年及び2019年追加取材分を掲載。

 ということで、昨年の春・夏にこの区間のICOCA改札機のカバーが被った状態を撮ってきて、そのまま稼働したのに撮りに行かなかったのですが、この夏に行ってきましたので、稼働前後の様子を中心に掲載します。

 今回は、特に付録ページを作る心配もなく、定型的に作ることができる駅の中から、ある程度の量になるところまで、4駅の掲載としました。

 そういや、あいの風とやま鉄道の駅よりも、追加が楽だなと思ったら、あいの風とやま鉄道の駅取材の前にこの区間の再取材をやっているのです。

 どちらかというと、JR時代の終わりに富山県内の北陸本線の駅を再取材した時の流れを組んだ再取材のようで、あいの風の各駅よりも町の様子とかをそれほど撮っていないので、もともとの枚数は少ないようです。

 となると、この区間については、そのうち、町の様子を撮ってきて載せる、という機会があってもいいのかも知れません。

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

更新しました(第1104版)

 今回の更新内容・・・湖西線 近江舞子駅を新たに取材しなおしたものに差し替え。(差し替え前のものは、構成を変えて一部掲載)

 ということで、8月は割と出歩くことが多くて、更新をしていなかったのですが、さすが3週飛ばすのはまずいだろうということで、更新。

 取材日を見て、年が間違っているのでは?と思われるかも知れませんが、合っていて、ちょうど1年前のものです。しかも、昨日も湖西線の駅に行っていますので、作っている者から見ると、何か昨日のことのように思えてきます。

 この日再取材した湖西線の駅はあと2駅あります。

 それで、こうやって差し替えていくと、雪が写っている駅と、真夏の駅が混在してしまっているということになってしまっていますし、過去の画像(差し替え前のもの)と季節が違いすぎるということになってしまっています。

 ということで、未掲載が大量に溜まっている件は、対策を考えねばならないかも知れませんが、とりあえず夏・秋の間は取材を優先します。

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

更新しました(第1103版)

 今回の更新内容・・・あいの風とやま鉄道東滑川駅に付録として「滑川駅2018年秋~2019年春の変化(駅舎改修・券売機設置と柵)」を追加。

 ということで、この駅も富山駅取材進行とともに、たまに見に行っていた駅なのですが、券売機設置に伴い、駅舎を大きく改修した駅です。他、西入善・越中宮崎も少し改修していますが、この駅ほどではありません。

 また、柵の設置も、チョーク書き→柵設置後オープンな状態→閉鎖された柵、という段階で見ていくことができましたので、それもご紹介しています。

 「秋~」という割には夏のものがちょっと入っているのですが、これは早月加積駅へ歩いて行くときにこの駅からスタートしたので、ちょっと撮ってあったものを使いました。変化自体は11月取材分からです。

 東滑川駅に関しては、付録としても画像が90枚近くに達した(画像番号は91番まで行っているが、何枚か、字を打っているときに重複に気づいて削除したので80枚台だと思う)ので、次回以降の変化・追加取材は、付録2という形で進めていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

更新しました(第1102版)

今回の更新内容・・・北陸本線春江駅を新たに取材しなおしたものに差し替え。

差し替え前の2011年のものを構成を変更して掲載。また、2011年の分に差し替えたときに掲載をしなくなった2002年取材分も少し掲載。

ということで、日曜日の更新は2回飛ばしましたが、先週の日曜日更新分を延期した形で、今日の平日更新としました。先々週の飛ばした分は、どこかで平日の臨時更新で埋め合わせができればいいなと思っています。

それで、今回は、一応メインの部分は1年以上経過してしまったのですが、10月取材分も含めて、春江駅の差し替え。

春江駅はこの区間で唯一、画像が小さいままで残っていたもので、2011年取材分に一度差し替えをしてしまっているので、そこから再度の差し替えが遅れていたものです。(ほんとは細呂木駅も2011年取材分に差し替え→再度差し替えとなったのですが、そっちは少し早かった)

ということで、北陸本線については、三セク転換済区間も含め、敦賀~直江津の全駅が、画像の大きなものに差し替わりました。本当は新疋田駅も差し替えができるのですが、そちらはもう少し後ということで。

それと、ICOCA改札機、カバーが掛かった稼働前のもの、稼働後のもの、いずれもメインの取材日に入れる形でご紹介をしています。そういえばICOCA改札機の分、金沢-福井間では、細呂木・芦原温泉が未掲載です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧