2008年12月20日 (土)

サイト9周年(3)

 そういうわけで、サイト9周年の文章。今日は昨年同時期に書いたものと、実際のものを比較します。ってことで、2007年12月19日に書いた文章の引用、っていうか、何か、特に前半はコピペしてそのまま昨日の文章にしても違和感ないぐらいなんですけどね・・・。

****ここから引用****

(1)繋げたいところを繋げます。
 基本的に、9年目も「区間全駅」を追加していく更新が中心となると思います。このサイトは私の趣味の行動をそのまま表現するというか記録する、というものなんで、その時興味があることが何らかの形でサイトに反映されていく、というものです。ですから、「他にやりたいことがあるのにサイトを意識するために、それができない」というものではなく、やりたいことをやった結果がこのサイトのその後の更新、という位置づけです。

 そんなわけで、繋げることをノルマにして、それで趣味の行動が規制されていく、というものではなく、素直にその時行きたいところ、気になる路線を撮って行ければと思います。ですから、その興味の度合いと時間によっては「仮置き場」がたくさん増えることになるかも知れませんし、「区間」が完成するかも知れません。

 そこで、その時々で行きたいところに行く、ということになりますので、1年後、どの路線がどうやって繋がっているか、全く分かりません。そんなわけで、お楽しみに、ということです。

 なお、今の段階では、春までの間に路面電車に力を入れるつもりではいますけど、急に興味を失う可能性もあります。

(2)最低限の目標
 ただし、最低限、繋げたいというかやっておきたいのが、「黒部峡谷鉄道を除く北陸三県の全駅」ということで、具体的には富山地方鉄道不二越・上滝線と、えちぜん鉄道の新設駅2駅ということになります。これだけは9年目で完成させたいなと思うんですが、さて・・・。

 また、以前から遠い目標にしている長崎~厚岸まで繋げる、ということについては、おそらく9年目は五稜郭駅以遠について、取材を行う機会はないと思われますので、繋がることはないと考えられます。

(3)サイトの構成
 これも、その時の思いつきでやっていますんで、どういう方向に行くのか分からないんですけど、何年か前から書いているように「気になる駅」は、「区間全駅」のような構成になおしまして、コーナーとしてはなくしていきたいと思っています。
 具体的には、伏木・高岡・名立・有間川・関山・柏崎・燕三条の各駅については再取材を行う必要があります。また、これにより改めて差し替えたものを掲載し終えた時点で、夜明・船尾の各駅については、掲載方法を再検討します。なお、これ以外の「気になる駅」掲載中の駅については、再取材を行わず、現存の写真(ボツになっているものも含む)で文章等を差し替えます。

 そういうことで「目標」といいつつも、結局は「その時興味を持っていることをやる」というだけのものになっているんですけど、今年は特に「繋げる」ということについては明確な目標をあえて持たず、行きたいところに行く、ということを徹底していきたいと思っております。

*****ここまで引用****

ということで・・・

 まずは(2)の「最低限の目標」については、まず、富山地方鉄道の不二越線・上滝線についてはアップしてあります。これは一昨日書いたとおりです。また、えちぜん鉄道の新設駅2駅については取材はしてあるんですけど、順にアップしているため只今アップされておりません。これは時期が来たらアップされます。
 また、「北海道は行かない」って書いておきながら、実際は行ってしまったんですが、今回は主な目的が別のところにあったため、「区間全駅」としては、ほとんど充実したものにはなりませんでした。

 次に(3)については、ほぼこれは達成されています。一部、「区間全駅」に採り入れられなかった夜明駅などの扱いがちょっとここに書いたのとは違っているんですけど、だいたいこの通りです。

 そうして(1)ですよね・・・。実はその前の年も似たようなことを書いていて、今年も似たことを書いてしまったんですが、「その時気になったところをやる」といいつつ、実は今年繋げたところって、意外と前年以前にその元ネタがあったとか、親戚の法事のついでに長崎の路面電車とか、社員旅行の自由行動で香港の路面電車とか、っていうことで、「行きたいところに行く」というよりも「行けたところに行った」っていう方が正解なのかも知れません。

 その時行きたいところ、って、純粋に「行ってみたい」というよりも、こういう親戚・社員旅行、それから天気、宿の空き具合、泊まりたい宿の存在、その区間に便利なきっぷの存在など外的要因が影響するもんだなということを実感した年でもあります。

 だから「純粋に行きたい」だけでなく「行けたところ」っていうのが実際のところなんだと思います。だから目標が達成されていない、っていうわけでもないんですけど、自由なようで意外と縛りもある、でもこれも「きっかけ」というものなんだろうなと思います。

 そういうことで今年はちょっと具体的に「今気になっている区間」として、具体的に挙げましたけど、これについては来年の今頃、どうなっているかは分かりません。

 去年の今頃書いた目標って、そんなに難しいことを書かなかったんで、だいたいその通りになったかなと思います。そんなわけでまた1年間よろしくお願いします。

 あと、「9周年シリーズ」として書くか、別立てにするか決めていませんが、もう1つだけ、背景的なことを書きますが、月曜日以降になると思います。(明日は更新)

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

サイト9周年(2)

 ということで、今日でこのサイト、9周年となるわけなんですが、それでは、今後1年間、このサイトをどうしていこうか考える回です。

(1)基本的にどこをやるか決めません
 毎度同じ事を書くんですけど、「区間全駅」は、その時行きたいところへ行く、っていうことを趣旨にしているんで、あえて今の段階ではどこへ行きたいか決めていません。ほんと、その時行きたいなと思ったところとか、天気、稼働日数、宿の空き具合などに左右されます。ということで、どこをやるかは分かりません。

 ・・・って書いてしまったら、今日の書き込みが終わってしまうんで、一応、今の時点で気になっているところ、やりたいなと思っているところを書いていきます。

●路面電車全般
 そんなわけで、最近強まっていた路面電車偏重傾向。多分、この1年間もそうさせていただくと思います。ただし、どこかで限界が来るのは確かなんで、この1年ぐらいが山になるかなと思っています。

 札幌・函館→北海道へ行けたらやりたいんですけど、北海道に限り、「区間全駅」がさらに東へ進むという用事もあるんで、それとの兼ね合いがあります。多分、何か変化がない限り、GWか9月の連休に行かなかったらここはなしです。
 豊橋→多分、近いところなんで早めに行ければなと。というより、近いうちに何となく決めていたりして。
 松山→ここもそんなに遠くないし、高知が一段落したんであり得ます。どこかの3連休にて。
 熊本・鹿児島→3連休だとちょっともったいないところなんですよね。できれば2都市まとめたいという思いもあります。9月の5連休だとちょっと暑いし(路面電車の取材はずっと動きっぱなしになるんで、暑いときは向いていない)、GWに行けなかったらこの1年間はあり得ないのかなと思っています。

 あと、「何を路面電車と定義するか」にもよるんですが、多分、これも入るんかな?

 東京都電・東急世田谷線→ってことで、久しぶりに東京へ行くネタができましたよ。

 そういや、京福電鉄もちょっとだけやって放置したままになっていました。あと、もしかしたら滋賀県の京阪も入るんかな?こっちは近いし。

●さらに東へ
 一応「区間全駅」としては、函館からさらに東へ繋げて、白糠から厚岸まで繋がっているところに繋げたいなという思いがあるんです。だから、北海道へ行けたらなるべくそっちをやりたいと思っています。ただし、今年もし行くことができたら、この函館~白糠の間で、いくつかの駅を疎らに拾ってくることになるだけだと思います。行けなければそのままです。もし行けたら、そろそろ特急停車駅ぐらいは全部拾ってきたいなと思っています。
 そういうこともあり、今年9月にちょっとだけ取材してきたものを追加する際、この函館~白糠の間にある「仮置き場」については、他の「仮置き場」と違う扱いにしたいなと思っています。これは3月ぐらいにお見せできると思います。

●春の終わり頃から秋の初め頃にかけて
 その季節は割と鉄道線の駅に力を入れる時期。ただし、8月初旬まではどうしても試験の関係もあり、自由に動けないんですけど、それも意識しつつ、その間やりたいなと思って気になっている鉄道線は
 しなの鉄道
 上越線の水上~高崎
 中央本線 小淵沢~甲府~大月(~八王子)
 もし、上2つが繋がるなら、八高線とか。
 津山線
 そして、飯田線
 近江鉄道(日帰可能)
 ってやっていくと、やっぱりこの期間だと足りないんで、上記の一部となりそうです。これに、今後、行きたいなと思ったところが突如入ってくると思います。

(2)その他
 あとのコーナーについては、特に最近の懸案だった「気になる駅」のコーナーの廃止ができてしまったこともあり、特にここをこうしたいと思う部分が今のところありません。
 そういうことで、この1年間は単に「区間全駅」、そしてたまに「ここはかつて駅でした」と「思いつき!」に一つずつぐらいネタが入るかな?という程度になるのではないかと思っています。
 ただし、何か思うことがあれば、大きく変わる部分も出てくるかもしれません。

 ということで、次回は昨年同時期に書いた文章と、現実を比較したいと思っています。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

サイト9周年(1)

 1999年12月19日にこのサイト(ただし、サイト名及びURLは今と違っていました)を開設して、今日が終わると9年になります。基本的に、自分の趣味の一部分としての位置づけなんですけど、御覧になっていらっしゃる方には御礼申し上げます。

 ということで、毎年恒例の、この1年間を振り返り、これから1年間どうしていこうか考えて、ついでに去年考えた目標と実際を比較するという文章。以前はサイトの更新を伴ってやっていたんですが、ブログにアップする形にしてから早3年目。今年もこの形にさせていただきます。

 そんなわけで、今日はこの1年間を振り返る文章です。

●9年目の更新内容(「区間全駅」のコンテンツの追加・「仮置き場」を除く)
 土佐電鉄 鏡川橋-伊野間(一部を除く、前年からのつづき)
 関西本線 名古屋-亀山間
 広島電鉄市内線
 富山地方鉄道 不二越線 上滝線
 香港路面電車
 長崎電気軌道
 信越本線 妙高高原-篠ノ井
 篠ノ井線 篠ノ井-松本
 函館市交通局の一部(進行中)
 中央本線 岡谷-塩尻(進行中)
 その他、2008年春開業の駅

●9年目の更新内容(「区間全駅」以外)
 「ここはかつて駅でした」の浦川原駅跡
 「気になる駅」から「区間全駅」への完全移行

●特徴
○「区間」の少なさ
 何となくこの9年目って、特定の区間をやり続けていたことが多く、「区間の数」だけで見るとかなり少ないんだなという印象です。もちろん、追加した駅・電停の数は例年と同じぐらいのはず(細かいところでは違うと思いますが)なんですけど、例えば「広島電鉄市内線」で一つの区間にしてしまっているため、その中にある電停の数がかなりありまして、追加した駅・電停の数に比べて区間の数が少ないという結果になってしまいました。

○海外進出
 その中で、このサイト初、というよりも私自身初めて海外へ行きまして、とは言っても一部しか自己負担のない社員旅行なんですけど、その中の1日の自由時間を使って、香港路面電車の電停の取材ができました。「全駅」を前提としない「特別編」という形でしたがアップしまして、これが9年目最大の特色だったと思います。

○路面電車が多い
 それで、この9年目は路面電車の電停が多くなってしまいました。多分、賛否両論もあり、見ていて飽きやすいとは思うんですけど、どうにかそれは「駅」との交互掲載を意識することによって少しは緩和させていただいております。
 電停自体、今や限りがあるもので、全国的に見ると貴重なものになっています。とは言っても、近年は見直されており、増える動きもありますが、今の形ということでなるべく画像として残したいなと思います。

○一応北陸三県完成
 「全駅」という概念がよく分からなくなる黒部峡谷鉄道を除き、また、各区間取材後の新設駅・電停を除き、どうにか北陸三県全駅・電停を掲載することができました。これについてはまた目標と実績との比較ということでみていきます。

○「気になる駅」からの移行完了
 これも数年来の懸案だったんですけど、「気になる駅」として取材して掲載していた駅のうち、最初に買ったデジカメで撮った駅を再取材することにより、どうにかこれらも「区間全駅」に完全に移行できました。これについても目標と実績の比較で見ていきます。

○サイト一元化完成
 そうして、「方面案内放送」については、同じサーバーに持ってくる予定もなかったんですけど、先日書いたとおり、最近の動きから、一応音声は削除した方が面倒がないだろう、という判断の下、削除することにより、別サーバーにわざわざ置く理由もなくなったため、同じサーバーに持ってくることができ、期せずしてサイトの一元管理が可能になってしまいました。

 というあたりが、この9年目を振り返る文章でした。次回は10年目をどうしようかという文章の予定です。

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

区間全駅6周年つづき

 おはようございます、ってことで、やっぱり今日も8:27。今週は出勤の日でして、始業時刻は平日も土曜日も一緒なんですけど、土曜日は人も半分になっていて、あと、私服だったり、朝の掃除がなかったり、ってことで、意識的に遅めに行ってますんで、ちょこちょこと書いてから、ってことで。ちなみに、昨日、ここに書いたように、いつもよりちょっと遅めに行ったんですけど、行ったら誰もおらんかった・・・。ってことで鍵を開けて入りました。っていうても、5分ぐらいでバタバタと何人か来ましたけど。

 さて、昨日の話の続き。「区間全駅」6周年に添えて、って感じで何か書きはじめましたが、そんな感じで、当初と今と視点が違っているって話を書きました。

 何かね、自分でやっとるし感じるんでしょうけど、初期の頃(大阪環状線・北陸本線あたり)と最近のもの、やっぱり見比べると何かが違う。初期の頃のやつなんて、ほんと、再取材して一斉に差し替えたいぐらいですもんね。

 で、なんか、気分的にも違うし、って考えてみると、初期の頃の方が近くを見ているんですよね。で、最近のものは割と遠くを見とるっていう感じです。「気になる駅」って、駅にある変わったもの、看板とか小道具なんかにスポットを当てるものでしたんで、その流れが初期の「区間全駅」に現れてきていまして、掲示物とか椅子とか看板とか、そんなもんを大々的に取り上げているんです。

 もちろん、最近のものもそういうものはあるんですけど、「構内の様子」とか「○○方面を望む」なんて写真、初期の頃にはあまりなかったんです。

 これ、1,000駅以上こなすうちに、自然とそうなっているんですよね。ある時期に一念発起して「遠くを見よう」って思ったわけでなく、数をこなして、あと、6年っていう年齢を重ねるうちに、ちょっとずつそうなっていっているみたいです。

 初期の頃は「気になる駅」的な視点でいろいろ見つけていたけど、数をこなすうちにそういうネタでは足りなくなってきた、じゃあ、全体から掴んでやれ、っていう流れもあり、あと、例えば伯備線とか長崎本線とか、景色のいい路線もこなしていて、そういうところで「駅の雰囲気を伝えたい」っていうことの方が大きくなっていて、それが全体にも及んできた。あるいは路面電車の電停なんか、そんなにネタがあるもんでなし、「全体の雰囲気を伝えざるを得ない」っていう状態になってきた・・・・。

 あと、これをやっているうちに20代から30代になっとるわけで、何となく30代になってからの方が物事を見ることも楽しくなってきているんですけど、年齢を重ねていく上での視点の変化、っていうもんもありつつ。

 ってことで、数をこなしたってことと、年齢の変化、ってもんがこの初期の頃と最近のものの違いになって現れてきているのかなって思うのです。

 御覧になる方にとっては、変化が感じられない、あるいは初期の方がよかった、って思われる方もいらっしゃると思いますが、作り手から見ると、やっぱり初期の頃のって、ある意味恥ずかしくて差し替えたい、っていう気持ちなんです。

 あと、各駅で書いている文章も結構変わってきていまして、実はたまに新規に取材した他線のリンクを入れるときに書き直すこともあるんですけど、これもね、やっぱり初期の頃って恥ずかしいんですよね。

 ということで、北陸本線の金沢~福井、金沢~富山については、最近差し替えた西金沢を除いて、どっかで天気のいい、緑の多い時期に再取材をしたいなってかねがね思っていたりしまして、これも3月後半に撮っているところが多いんで緑に欠ける、ってこともありまして。

 そんなことで、同じ事を6年間やっとるようで、やっぱりいろいろと変わってきている部分があるようです。

※ちなみに「区間全駅6周年」ですが、サイト自体は9年目です。途中で改称しているんで、サイトの名称が変わった「区間全駅ネットワーク」の方が古かったりします。

| | コメント (0)

2007年1月17日 (水)

更新シミュレーション(年内取材分完結編)

 ということで、日曜日に予告しました通り、更新の予定を。これ、例によって更新日を確約するものではありませんのでご了承ください。あくまで、今手持ちのネタを、一定のペースでアップしていったらいつまで持つか、ということをシミュレーションするためだけのものです。(といいつつ、結構この通りになることが多いんですけどね。)

1月21日(日)  関  亀山 富山ライトレールを開始し、 富山駅北電停   
1月28日(日)  インテック本社前  奥田中学校前 下奥井 
2月4日(日)    粟島(大阪屋ショップ前 ) 越中中島 城川原 
2月11日(日)   犬島新町 蓮町 大広田    
2月18日(日) 東岩瀬 競輪場前 岩瀬浜 
2月25日(日)  大糸線南小谷-信濃大町間を開始。(ただし、未取材駅を抜いた形で)
          白馬 神城  南神城  及び仮置き場から一部移転。 
3月4日(日)  簗場 信濃木崎 北大町 
3月11日(日) 信濃大町 以下、仮置き場として 南富山駅 新千歳空港駅
3月18日(日) 札幌市交通局(仮置き場) すすきの・山鼻19条・東屯田通
3月25日(日) 中央図書館前・ロープウェイ入口  高山本線杉原駅(扱いは未定)
 一応、この後どこかを取材して「区間」が完結したとしても、一応ここまでは年内取材分として優先的にアップしてしまうことにします。また、できればこの後、季節を変えて撮ってある神岡鉄道の3駅や、「ここはかつて駅でした」としての「のと鉄道能登線跡」も順にアップするかも知れません。

 なお、駅の写真を撮ってくることについては、一応、1月中は予定がありませんが、2月についてはちょっと非自発的な理由(ただし、行ってしまえば主体的な行動。(謎))から、ちょっと遠くに撮りに行く可能性が高くなってきました。ひょとして、2月に動いている列車に乗ること自体が10年ぶりかも・・・。

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

差異分析

 とりあえずこのシリーズは今日までにしますが、サイト開設7周年文章の最後、前年に書いた7年目の展望的な文章と、実際の7年目の差異を見てみましょう。

まずは、昨年書いた文章の引用。面倒なんで、「>」とか、引用のタグを入れたりとかはしません。

ここから引用*****
1.「区間全駅」について

 東西のいわゆる「本線」につきまして、西へは想定していた諫早駅を越え、長崎駅へ到達しまして、今後はもしあるとすれば、喜々津-浦上間の長与経由のルートが追加される程度かと思われます。その他は、もし熊本・大分方面へ延伸するとしても「その他」の扱いとなります。

 東(北)へは、とりあえず、津軽線中小国まで、そして、海峡線の津軽今別まで延伸することにより、「北海道の駅」へ延伸させることができます。その後は、北海道へ行く時間があるかどうか、ということにかかってきますので、この「東への延伸」が、この1年で可能かどうか分かりません。

 その他、北陸に関しては、小浜線を掲載することにより、JR西日本金沢支社管内の全駅を掲載することができ、それに、福井鉄道、北陸鉄道石川線、富山地方鉄道富山市内線、及び不二越・上滝線を追加することにより、黒部峡谷鉄道を除く、北陸の全駅を追加できるのでないかと思われます。

 また、現状は区間全駅「ネットワーク」という「網の目」になった部分が少なく、特に力を入れている北陸地方の線路状況の影響もあるのですが、「フイッシュボーン」(魚の骨)という感じではないかと思います。できれば今年は、東西への延伸ができなくなってきた分、二点の駅を、複数のルートで繋ぐことができる、という部分を増やしていきたいと思います。

2.「気になる駅」について

 この「気になる駅」は、「区間全駅」ができるきっかけとなった、当サイトにとっては非常に重要なコーナーなのですが、「区間全駅」の駅が増えるに従い、本当は「気になる駅」として扱ってもよい駅を「区間全駅」の駅として、扱うようになってきました。それに従い、相対的に、従来「気になる駅」として扱ってきた駅の「気になる度合い」が低下してきております。

 そのため、昨年あたりよりこの扱いを考えてきておりましたが、今後は

 1.2002年3月以降(新デジカメ導入後)に取材した駅のうち、既に「区間全駅」との兼用ページになっている 動橋・金光・糸崎・六渡寺の各駅については、ページの構成・解説文を書き換え、「区間全駅」のみのページとする。

 2.2002年2月以前に取材した駅のうち「区間全駅」との兼用ページになっている 伏木・柏崎・高岡・有間川・名立・敦賀・熊山・上道・笠岡・前空、並びに次回更新以降の電鉄魚津の各駅については、改めて取材を行った段階で、「1」の扱いとする。なお、中滑川駅はこの先行事例です。

 3.今後、「区間全駅」に包括される可能性の高い、燕三条・脇野田・関山の各駅については、「区間全駅」に掲載後、2の扱いとしますが、できれば、再度取材をする。

 4.2002年3月以降に取材し、「区間全駅」に包括される可能性の低い天理駅・増毛駅は、解説・ページ構成を改め、「区間全駅仮置き場」とする。

 5.2002年2月以前に取材した駅で、「区間全駅」に包括される可能性の低い、夜明駅と船尾駅の扱いはおそらく「区間全駅仮置き場」とします。なお、船尾駅は駅の性質上、何らかの特別扱いを検討中。

 6.高岡駅は何らかの特別扱いを検討中。

 そのため、ちょっと再取材も絡んでいますので、1年以内にどうにかなるか分かりませんが、これらが終了した時点で「気になる駅」のコーナーは終了します。

3.前年からの継続事項

 6年間、更新を続けてきまして、第1版と扱う内容が変わってきています。その中で、サイトのコンテンツに、古いものと新しいものが混在しており、それがちぐはぐな状況になっています。そのあたりの整備と、古くからあるコーナーの再編を行っていきたいと思います。今のところ各コーナーの取扱として考えていることは…

 全体として…【このWebサイトのトップへ】というリンクが、「区間全駅」以外ではほとんど旧トップページへのリンクになっている現状、サイト名が変わっても、内容が変わっていない現状を踏まえ、このサイト全体を「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」へ変えていく。

 JR各線を巡る旅の記録…特に見た目の部分を改良する。できれば置き去りになっている「詳細版」を完成させ、書庫扱いにしたいが、果たして…。このサイトの原点であるコーナーでもあるため、縮小はしないが、「完成」に持って行きたい。

 方面案内放送…現状に記事を追加するだけ。ただし、各ページごとで、駅の並び等に未整備の部分が多いため、そのあたりの改良をしたいです。

*****ここまで引用

ということで、差異分析ですね。

(1)区間全駅について
 東西への延伸は、ひょっとしたらできないかも、と書いてあるんで、ほんとにできませんでしたね。見通し通り。
 北陸については、この段階では「富山ライトレール富山港線」が開業していなかったので触れていませんでした。そして、一応、順調に進んだんですが、富山地鉄不二越・上滝線のみ未達成。ただしこれ、結構あやふやに書いてあるんで、(というか、目標の表現になっていないですね。「…を追加することにより、…北陸の全駅が追加できる」なんていう表現なんです。わざとですけど。)これが目標だったのかどうかよく分からないのですが、とりあえず進んでいるということで。
 あと、「二点の複数ルート化」については、奈良・関西本線・桜井線・福井鉄道・赤穂線・呉線というように、現実化している部分が多いので、これはその通りになっているといえるでしょう。

(2)「気になる駅」について
 詳細に書きつつも、実はほとんど現実化していないんです(ただし、これも1年間短期計画という表現でもなかったです)。上道・敦賀・脇野田・笠岡の各駅について差し替えたぐらいかなと思います。まあ、これも進行中ということです。

(3)その他
 「このサイト全体を「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」へ変えていく」というのは、一応2月に実現しました。
 「JR各線を巡る旅の記録」「方面案内放送」については、体裁が変わっただけで記事の追加は一切ありませんでした。

 というあたりが、昨年書いた「1年を展望する」的文章と、現実との比較です。何となく、この1年間の流れと合致した部分もあるようですね。

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

8年目は

 ということで、今日でこのサイト開設7周年を迎えました。開設当初から、「私個人の個人が見たもの・感じたものの記録を、御覧になっている方の目を強制力として充実させていく」という方針は変わっていません(表現はその都度変わってますよ)。そういうことで、続けていくことができているのも御覧になってくださっている方のおかげである部分も多いです。そういうことで改めまして御礼を申し上げます。

 さて、昨年までは「特別更新」として臨時ページを作ってやっていたこの「1年間を振り返り、向こう1年間をどうしようか考える」的文章ですが、今年はブログで行っております。昨日の「1年間を振り返り」に引き続き、今日は「向こう1年間をどうしようか」の部分です。ということで、8年目はどうやっていくのでしょうかということです。例によって若干割り引いて書いておきます。

(1)基本的には大きな変化はありません。
 逆にこれ、今サイト作成とは別に進めている「別件」(といっても何度も書いてますけどね)に対する目標でもあるんですけど、特に8月までは、基本的に「区間全駅」と「ここはかつて駅でした」に、定期的に追加していくだけにします。サイト構成の見直しや、コーナーの統廃合等は、特に8月までの間は行う予定はありません。更新の時間を短くしていますので、その短い時間は、上記2件のコンテンツ追加に集中して振り向けていくだけとします。といっても、「別件」の方が吹っ切れて、フェードアウトしてしまったら、その反動で大工事をしてしまうかも知れません。
 また、更新頻度ですが、「区間全駅」の取材に関しては、日帰りでふらっと行ってくることができるところが少なくなってしまいました。そのため、昨年よりも取材できる駅は明らかに減ると思います。平日更新等で、更新頻度を上げることは、昨年よりは減少すると思います。

(2)「区間全駅」の追加目標
●金沢から東へ
 ほんとは「金沢から東へ」の延長部分である、津軽線・海峡線・江差線・函館本線・室蘭本線・千歳線・石勝線・根室本線、と続けたいところなのですが、この1年だけで見ますと、その機会はあったとしても1~2回。その時に行かなかったら8年目もこの追加は、ないことになります。そのため、昨年もそうでしたし、来年以降もそうなのですが、この延長については、「1年間の目標」として短期目標に掲げることはちょっと無理がありますので、機会があれば、ということにします。

●北陸の路線
 昨日の訂正で、実は小浜線もこの1年間に追加したものでした(取材自体は6周年経過時点で終わっていました)。それはそうと、取材済の「富山ライトレール富山港線」を追加しますと、あと、北陸の路線で残っているのは、全駅取材が困難な黒部峡谷鉄道を除くと、富山地方鉄道不二越線・上滝線のみになっています。これはできればこの1年間で片付けたいと思います。

●北陸特急ネットワーク
 金沢発の昼間の定期列車が通る路線で、未掲載なのが東海道本線米原-名古屋、上越線六日町-越後湯沢の各区間です。これもこの1年間で片付けたいなと思うところです。(ただし、実現の保証はなし。一応この件に関しては下の「その他」に書いたことを受け、気分が乗らなかったらやりません。)

●その他
 あとは、その時々の気分や天気、日程の関係で行けたところ・行きたかったところを中心に、というところです。この1年は「繋げる」というノルマ的なものではなく、その時の気分を重視していきたいと思います。ですから、次は「どこを繋げますか?」的なお問い合わせには応じません。私でも分かりませんから。(実は今現在の気分で、地方私鉄に、一つ候補があるんですけどね・・・。)

(3)ここはかつて駅でした
 北陸の「区間全駅」が終わると、日帰りでふらっと行ってくるとすればこのネタになるのですが、「別件」との関係もありますので、充実をお約束するものではありません。ただし、今現在で結構取材済のネタもありますので、若干は充実すると思います。

(4)「気になる駅」の整理
 これは昨年も書いたんですが(明日以降でちょっとコメントします)、何となく整理したいと思いつつもそのままです。これは、「区間全駅」の取材進行の影響も受けつつ、優先順位は低いかも知れません。

(5)その他のコンテンツ
 「JR各線を巡る旅の記録」の「詳細版」追加掲載は、多分、ほんとに気分が乗らないとやらないと思います。というよりも、結構時間が経ちまして、掲載自体が困難になってきていますので、多分、この1年もそのままになります。
 「方面案内」は気になりつつもさて・・・。「思いつき!」は、ほんとに思いつき次第、というところで、目標の範囲ではありません。

 ということで、この1年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

7年目のまとめ

 ということで、今年は「○周年記念」という更新をしないことにしましたので(今、正式に決めました)、例年やっている「この1年間を振り返り、向こう1年間をどうしようか考える」的文章を、2回ぐらいのシリーズで、このブログでやってしまうことにします。時々書いていますが、このサイトでは年が変わるときや年度が変わる時ではなく、サイト開設記念日である12月19日をもって、こういうことをやっております。

 まあ、こうすることによって、ブログのネタもできて、よかったりします。

 ということで、今日は7年目最後の日でもありますので、「この1年間を振り返る」的な部分を書いていきます。

(1)「区間全駅」の充実(主に「その他」の部分)
 この1年間も、近年同様の「区間全駅」の充実がはかられた年でした。まあ、そうなるんでしょうね。
 この1年は、例年と違い、金沢から東・西(・北)へ延ばしていく、いわゆる「本線部分」の追加は一切なく、目次上「その他北陸」「その他」と表示されている部分が充実した年でした。
 特にこれにより、奈良線・桜井線・関西本線や、赤穂線・呉線のように、ある2駅間を複数のルートでたどっていくことできるようになったこと、水島臨海鉄道・水間鉄道(掲載進行中)のように、地方私鉄が徐々に増えてきたことなど、今までと違う展開になってきたのでないかと思われます。
 それと、北陸3県については、福井鉄道・北鉄石川線・富山私鉄富山市内線を追加し、石川・福井の両県については県内全駅を掲載することができました。

(2)「区間全駅」の充実(季節を変えるシリーズ)
 それとは別に、この1年についてはちょっとだけの試みでしたが、「田植えの頃の○○駅」のように、一旦掲載したものと別の季節に改めて撮ってみる、ということもはじめました。特に今後、ふらっと行って日帰りで「区間全駅」の取材をしてくるエリアがなくなってきますので、今後の展開の一つになってくるかも知れません。

(3)スタイルシート化の完成と新サイトへの移行完成
 2月頃に集中的に、既存のページのうち、手を加えていなかったページを補正しまして、全ページ「スタイルシート」を用いたものにしたことと、「JR各線を巡る旅の記録」などを新URLのサーバーに移転することにより、ようやく、全ページが「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」サイトのページへと移行することができました。

(4)ブログの開始と掲示板の廃止
 掲示板の役割は以前より小さくなってきたことを感じておりまして、また、ある一時期、掲示板の様子がおかしくなってきたことや、スクリプト等によるスパム書き込みが増加したことも引き金となりまして、一旦、2月頃、掲示板が負っていた「制作者からのお知らせ」的な部分をブログに移行させて様子を見た後、4月に掲示板を廃止することにしました。
 本来は特に、制作者への気軽な接触手段としての役割(平たくいうと「はじめまして」的な書き込みをする場所)として残しておきたかったのですが、昨年夏頃からの様子を見ていると、残すことのデメリットが多いと判断しまして、廃止しております。
 今のところは、Webサイト全体の流れから見てみても、その方向でよかったのではないかと思っております。

 ということで、このあたりがこの1年間の流れです。で、ほんとは昨年書いた「7年目をどうしようか」という部分との差異を見てみたかったんですが、長くなってきましたので、これは明後日以降にさせていただきます。

| | コメント (0)